admin のすべての投稿

admin について

いずみ〜るのコーディネイトを仰せつかっております。

第54回例会 和太鼓松村組 ~希望~

第8回例会で大変な人気を博した、「和太鼓松村組」の公演です。

日程:2017年5月13日(土)
場所:クレオ大阪東 ホール

和太鼓 松村組プロフィール
1995年阪神淡路大震災で被災された方々への激励と、神戸の復興エネルギーを全国に発信する事を目的に神戸で発足。
和太鼓の持つ響きの真髄に迫りつつも、マリンバやオカリナ等との融合を図り独自のサウンドを追求している。
日本全国でのコンサート活動をはじめ、オーストラリア・ヨーロッパ・中東諸国・韓国など海外でもコンサートを展開し、各地で高い評価を受けている。
サッカーワールドカップでの記念演奏や国内外でのイベント、式典出演やTVのテーマ曲も手掛けている。
また、ジャズやクラシック等、様々な国の民俗音楽や舞踊とのコラボレートを精力的に行い、その活動の幅は常に広がり続けている。
「和と世界の交響音楽」をコンセプトに世界のあらゆるジャンルとの融合による和太鼓音楽は、他に例の無い独自のスタイルとして確立されている。

CD
「華蓮」「大連」「神戸発」「星祭」「碧空へ」「星逢い」「華蓮2008」「BEST ALBUM」
DVD
「風大陸」「Jupiter」
「和太鼓 松村組コンサート2012」「和太鼓松村組 北海道ツアー2012」
「松村公彦ソロコンサート2012」「和太鼓松村組 神戸公演2012“暁の聲”」
リリース

賞 平成15年度兵庫県芸術奨励賞受賞

第19回総会のお知らせ

第53回例会「ドラマチック朗読」

鈴木美智子
鈴木美智子

テレビ・ラジオでおなじみの鈴木美智子さんをお招きし、“いずみ~る”では初めての朗読劇を企画しました。
開催日:2017年2月5日(日) 
      14:00開場  
14:30開演(15分休憩含む)
      16:00(終了予定)
会 場:サンスクエア堺
(JR阪和線「堺市駅」)
出演者:鈴木美智子さん 他
内 容:『良心』・『どろのかわ』の2本
       鈴木美智子さんの楽しいお話

とっても懐かしくて充実の楽しい時間を過ごしました。

第52回例会 「クリスマス・ファミリーコンサート」のご案内

日程:2016年12月24日(土)
場所:サンスクエア堺「サンスクエアホール」
開場 13:30
開演 14:00~
終演予定 15:30

クリスマスイブのその日にとっても素敵なプチ・クラシックコンサートでした。

演奏者と編成

チェロ・ピアノ
古後 公隆(こご きみたか)

ヴォーカル
宮崎 記子(みやざき のりこ)

ヴァイオリン
久下 真衣(くげ まい)  佐藤 恵梨(さとう えり)  西原 百合絵(にしはら ゆりえ)
       
コントラバス         
新井 洋平(あらい ようへい) 

アコーディオン
かんの としこ

チェンバロ・ミニハープ
澤 朱里(さわ あかり)

       
<予定演奏曲目>※多少の変更あり
♪ホワイトクリスマス
♪グロリア
♪もみの木
♪星に願いを
♪バッハなどのクラシック音楽
♪リベルタンゴ        他

2016年9月いずみ~るスペシャル 美術館へ行こう!「デトロイト美術館展」鑑賞報告

まだまだ暑い9月6日火曜日JR天王寺駅に集合して、総勢61名美術鑑賞してきました。
通常のスペシャル企画を大幅に上回る参加に委員一同 慌てるやら、うれしいやら。
ドタバタしましたが、さすが大人の集まり。いずみ~る会員の皆さんはゆっくり構えていてくださいました。
大体4組に分かれて、いまやすっかり様変わりした天王寺公園へ。
おしゃれなカフェなどが並んだ後ろを通り、養生中の「てんしば」エリアを抜けて行きます。

正面にグッと天王寺側に寄った動物園の入り口を見て、右手の歩道橋を進むとレトロで
モダン、大正時代の建築、素敵な天王寺美術館が緑の中に建っています。
全員がそろったところで、大会議室で学芸員からレクチャーを受けました。
デトロイト美術館の成り立ちや、スポンサーだった自動車産業の衰退で売却の危機に陥った時に、市民が立ちあがって存続につなげた話。収蔵品の事、今回展示されている作品の見方など 短い時間でしたが、大変参考になりました。
系統立てて展示されている作品は多彩で、それぞれお気に入りの作品があったことでしょう。

デトロイト美術館と天王寺美術館はよく似た歴史があって、天王寺美術館は住友家から寄付された土地に建ち、色々な収集家から寄贈を受けたコレクションを多数持っています。
最近では現代美術館との統合話もあったことも思い出しました。
効率だけを求めている今の時代には絶対出来なかった美術館。
気骨のある経営者、おおらかで、心に余裕があって文化を楽しむ市民。
そんな大阪の深い精神も感じることが出来た一日でした。

大阪市立美術館 開館80周年記念
デトロイト美術館展

ミュージカル『レ・ミゼラブル』について

『レ・ミゼラブル』(Les Misérables )は、ヴィクトル・ユーゴーの同名小説を原作としたミュージカルです。
初演は、1980年にパリで、このミュージカルの原型となる、ミュージカルが上演されましたが、肝心の物語の方は市民が良く知っていたためカットされていたそうです。そこで、上演された同名ミュージカルを、誰にでもわかる形で改訂し、1985年10月28日、ロンドンで初演されたのが、このミュージカル『レ・ミゼラブル』です。

以来、まもなく30年にもなろう時空のなか、ブロードウェイはもちろんのこと、世界40カ国以上の国々で、様々な言葉に翻訳され、今日も世界のあちこちで上演され続けている、普遍の人気ミュージカルです。

今回の日本公演では、残念ながら一部音声がうまく聞こえず、なんのこっちゃ〜わからん!! と思われた方も多いのではないでしょうか?! 私は別の日に前の席でも見ましたが、やはり聞こえ辛かったです。そこで少しだけ物語に触れておこうと思います。

時は激動のフランス(1815-1833)。お腹を空かしている妹のために、盗んだ1本のパンによって、19年間もの監獄生活を送ることになった、ジャン・ヴァルジャンの生涯を描いている作品です。

仮出獄を許されたジャン・ヴァルジャン…、前科者の彼に世間は冷たく満足に働く事も出来ず、倒れそうな彼を教会が救う。彼はその教会の銀の食器を盗み逃げる。その途中、警察に掴まったジャン・ヴァルジャンは司祭の前に出される。ところが、司祭は、その銀の食器はジャン・ヴァルジャンにあげたもので、この銀の燭台もあげるつもりだったのに…と、燭台もジャン・ヴァルジャンに差し出す。この時に、ジャン・ヴァルジャンは心から自分のした事を恥じ、2度とこのような卑屈なことはしない、心までは卑屈にならないと司祭に詫び、そして誓う。

生まれ変わったジャン・ヴァルジャンは、懸命に働き、ついに市長になり、恵まれない人達のために、労苦をおしまず働く。かつては自分の工場で働いていたフォンテーヌの子供コゼットを預かり、惜しみない愛をコゼットに注ぐ。また、コゼットもジャン・ヴァルジャンを父と慕う。やがて時は市民革命に向かい、コゼットも大人になり、革命を推進するマリウスと恋に陥る。ジャン・ヴァルジャンはマリウスを助け、コゼットの事へと彼を届ける。
この間、ずっ〜と必要に警部ジャベールがジャン・ヴァルジャンを追う。時にジャン・ヴァルジャンはジャベールを助ける。この2人のやりとりが、舞台を一段と緊迫感のあるものにしていたと思います。
また、コミカルな味を出していた、安宿屋のいんちき夫婦の名演技もステキでした。
そして、あの「民衆の歌」がやっぱり印象的でしたね。

第41回例会 オールディーズライヴ報告

2013年3月17日梅田茶屋町ボニーラで「オールディーズライヴ」を楽しみました。

参加した皆さんの声(の一部)です。

  • 初めての経験でしたが、新鮮でとても楽しくストレス発散できました。
  • ハートブレイカーズは、楽器の数の割にとても厚みがあり、どの曲も完成されている
    感じでした。リクエスト曲もすぐに応じられて、レパートリーの多さを感じました。
  • 生の音楽はCDにない強いメッセージを感じます。やっぱり生は最高で~す。
  • 若い皆様も、年いった皆様も、楽しいひと時を過ごしました。
  • 楽しかったです。元スクールメイツの方々をサクラ(?)で呼んだのは、大成功だったと思います。
  • ダンスのレッスンも面白く、増井さんのトークもよかった。
  • 音響が大き過ぎたような気もしました。でも懐かしい曲がいっぱい聞けて良かったです。
  • 踊りたいと思わない人にとっては参加すること自体にためらいがありました。もっと万人が楽しく参加できる例会がいいと思います。
  • エルビスの歌のスケールが大きくて感動しました。食事つきでフランクな雰囲気の中、とても楽しめました。

いずみ〜るスペシャル 大衆演劇の伝統「朝日劇場」に行きませんか?!

いずみ~るスペシャル企画のご案内です。

100年の歴史、伝統の大衆演劇の朝日劇場へ行きませんか?

近頃テレビで、話題になっているから一度見てみたいけど、一人では中々行けないわ!って考えている皆さん。是非一緒に行きましょう。
ノスタルジアスな異空間を体感してみませんか。劇場は飲食可で座席を確保したら外出もできます。昼食は、集合後各自でお取りください。

日   時   7月2日(火)  公演時間12:00~15:00
募集人数   30人(先着順)
参加費    1800円 (当日徴収)
お申し込み後のキャンセルはできません。
申し込み先  大阪いずみ市民生協 組合員活動部
いずみ~る事務局 072-232-3095 
(月~金9:00~16:30)
申し込み締め切り  6月21日(金)

集合場所と時間

 1.JR天王寺駅 中央改札(旅行会社付近)   集合時間10:30分

JR天王寺「中央改札口」を出て、すぐ前「日本旅行」の前辺りにて集合です。
JR天王寺「中央改札口」を出て、すぐ前「日本旅行」の前辺りにて集合です。

 2.地下鉄堺筋線 恵美須町駅3番出口地上  集合時間10:40分

3号出口に向かう地下
3号出口に向かう地下
 
そして、地上の3号出口。この辺りで待ち合わせです。
そして、地上の3号出口。この辺りで待ち合わせです。
3号出口から見える通天閣
3号出口から見える通天閣

 3.朝日劇場へ直接来られる方劇場前      集合時間10:45分

そして、朝日劇場前です
そして、朝日劇場前です

新世界の歴史

今から丁度110年前の1903年(明治36年)に「第五回内国勧業博覧会」が、天王寺・新世界辺りを中心に開催されました。その跡地西側半分を新世界として、その中心に通天閣を建て、放射状計画街路の娯楽場(ルナパーク)を設けられました。一帯には映画館、噴水浴場、飲食店などが集中。遊戯施設も数々設けられ、ウォーターシュートや回転絶叫マシーンに人気が集中していたそうです。そして、パリのエッフェル塔を模した通天閣は鉄塔としては日本初のもの。まさしく新世界だったのです。

第41回例会 オールディーズライブ ♫

オールディーズライブ
オールディーズライブ
1960年代〜1980年代、オールディーズからディスコナンバーまで、ボニーラ自慢のハウスバンドが懐かしい演奏を繰り広げてくれます。
そして、コメンティーターに増井孝子さんをお迎えし、懐かしい時代のエピソードを語っていただきます。増井孝子さんは、まさしく、その時代にラジオの人気DJとして、歩んで来られました。懐かしくて温かい…そんなひとときです…

 

 

日時: 2013年3月17日(日)
開演: 第1回目 12:00〜14:00, 第2回目 15:00〜17:00
場所: ボニーラ (茶屋町アプローズB1F)

第40回例会 野沢香苗 二胡コンサート -悠久の音色-

二胡奏者「野沢香苗」
二胡奏者「野沢香苗」
いずみ〜る第40回の例会は、予てからリクエストの多かった、二胡のコンサートです。二胡は中国の古典楽器のひとつです。
如何にも中国を思い起こさせる音色ですが、野沢香苗さんのステキな演奏で「悠久の音色」を、とくとお楽しみ下さい。

日時: 2012年11月18日(日)
開演: 14:30 (開場:14:00)
場所: サンスクエア堺 (JR阪和線堺市駅より徒歩3分)

女優として出演した舞台で「二胡」と出会い、魅せられ、以来二胡奏者として活動を続ける。中国の民族楽器としての二胡にとらわれず、様々なジャンルの音楽に取り組み、そのしなやかな指が奏でる艶やかな音色は多くの聴く人の心を魅了している。五木ひろし、大月みやこ、宇崎竜童、EXILEなど多数のアーティストと共演しました。

天満天神繁昌亭「昼席」に行ってきました!!

天満天神繁昌亭「昼席」のチケット引換券
天満天神繁昌亭「昼席」のチケット引換券
大したトラブルもなく、無事、会員さん30名と噂の天満天神繁昌亭へ行ってきました。とっても熱心な新人落語家さんや、あやめさんの落語などを堪能しました。やっぱり大阪ってええな〜。笑いって最高やわ〜と思いました。帰りに、天満天神商店街で噂のコロッケを買ってかえりました。美味しかったです!! (笑) 文責:片山

9/10「昼席」の番組案内より
桂福丸 笑福亭たま 桂あやめ リッキー・アイ(マジック) 笑福亭生喬 桂雀松 //仲入// 桂米平 (立体紙芝居) 笑福亭仁扇 笑福亭岐代松 笑福亭枝鶴