2016年9月いずみ~るスペシャル 美術館へ行こう!「デトロイト美術館展」鑑賞報告

まだまだ暑い9月6日火曜日JR天王寺駅に集合して、総勢61名美術鑑賞してきました。
通常のスペシャル企画を大幅に上回る参加に委員一同 慌てるやら、うれしいやら。
ドタバタしましたが、さすが大人の集まり。いずみ~る会員の皆さんはゆっくり構えていてくださいました。
大体4組に分かれて、いまやすっかり様変わりした天王寺公園へ。
おしゃれなカフェなどが並んだ後ろを通り、養生中の「てんしば」エリアを抜けて行きます。

正面にグッと天王寺側に寄った動物園の入り口を見て、右手の歩道橋を進むとレトロで
モダン、大正時代の建築、素敵な天王寺美術館が緑の中に建っています。
全員がそろったところで、大会議室で学芸員からレクチャーを受けました。
デトロイト美術館の成り立ちや、スポンサーだった自動車産業の衰退で売却の危機に陥った時に、市民が立ちあがって存続につなげた話。収蔵品の事、今回展示されている作品の見方など 短い時間でしたが、大変参考になりました。
系統立てて展示されている作品は多彩で、それぞれお気に入りの作品があったことでしょう。

デトロイト美術館と天王寺美術館はよく似た歴史があって、天王寺美術館は住友家から寄付された土地に建ち、色々な収集家から寄贈を受けたコレクションを多数持っています。
最近では現代美術館との統合話もあったことも思い出しました。
効率だけを求めている今の時代には絶対出来なかった美術館。
気骨のある経営者、おおらかで、心に余裕があって文化を楽しむ市民。
そんな大阪の深い精神も感じることが出来た一日でした。

大阪市立美術館 開館80周年記念
デトロイト美術館展

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です